脇の臭いが気になったら読んで!ワキガの原因と対策

ワキガの臭いの原因とは?

人から体臭を指摘されたり、服の脇の部分に黄色いシミがついたり…ワキガは男女関係なくつらいものです。

気にし出すと人前に出るのも怖くなってしまう“ワキガの悩み”。日常生活を楽しく幸せに過ごすためには、ワキガの原因を知って効果的に対処していきましょう。

ワキガは“遺伝”

実は、医学的にはワキガの原因はほぼ“遺伝”です。ワキガの人は高い確率で両親や家族にワキガの人がいます。

よく、体を清潔にしていない、太りすぎ、または細菌感染といったことが原因でワキガになると誤解している人がいますが、それは大きな間違いです。

ワキガ臭の正体とは?

ワキガの匂いa
後天的にはワキガになることはりませんが、それでも日本人の約10%の人がワキガに悩んでいるといわれています。臭いの程度の差はあれ、案外多いですよね?

脇のいやな臭いの原因は、ずばり“汗と雑菌”です。これだけ読むと「やっぱり不潔が原因では?」思われそうですが、実は、ワキガの人は清潔にしていても臭ってしまうのです…。

多くの人が悩んでいるワキガの臭いを詳しく見ていきましょう。

「エクリン腺」と「アポクリン腺」

人の汗には2種類あり、「エクリン腺」が作る99%が水分でできた汗と、「アポクリン腺」が作る臭いの強い汗があります。

アポクリン腺は、脇の下や耳、性器の周辺などに多く分布している汗腺。そこから出る汗には、水分以外にも脂肪やアンモニアなどさまざまな成分が含まれているため、エクリン腺の汗と違い乳白色でべたべたとしています。

実は、ワキガの人はワキガでない人と比べて、生まれつきこの「アポクリン腺」の数が多いのです。

臭いを作る「肌の常在菌」

ではアポクリン腺の汗がワキガの臭いの元なのかというと、少し違います。

実は、ワキガの臭いを作っているのは、アポクリン腺の汗をエサにして増殖した「肌の常在菌」の働きによるもの。

菌と聞くと「それって汚くないの…?」と驚かれるかもしれませんが、誰の肌にも数え切れないほどの常在菌が住んでいて、肌トラブルを起こす厄介な雑菌の増殖を防いでくれている“いいやつ”です。

しかし、脇の下は体温が高く汗ばんでいて、菌にとっては天国のような場所です。さらにアポクリン腺から出る汗には、細菌のエサになる成分がたっぷり。

つまり、アポクリン腺の汗や肌の老廃物をエサにして常在菌が増殖し、その細菌の働きによって強烈なワキガ臭が生まれてしまうのです。

体調次第で臭いが強くなることも

ワキガであっても、日によって臭いが強かったり弱かったりしますよね。それは、体調によって人の体臭が変化するから。

アポクリン腺はホルモンバランスの変化やストレスによって刺激を受け、汗の分泌を増やすことがあります。汗が増えれば菌も増えやすい、ということで、臭いが強くなるのです。

ワキガの原因がわかったら、いよいよその対処法をご紹介します。

ワキガの対処法5つ

①清潔にする

脇の下を常に清潔にすることで、臭いを作る細菌が増殖する環境がなくなり、結果的に臭いを抑えることができます。

まず、脇の下に汗をためこまないように、まめに腋毛を処理しましょう。ただし、毛を抜いて処理をするとアポクリン腺を刺激して発汗が促されるので、カミソリや電気シェーバーを使用します。

また、脇の下を清潔にしていても、汗や細菌が付着している服をそのままにしていては臭いは取れません。

脇汗用パッドを使用して服に汗が染み込まないようにしたり、まめに下着を替えられるように予備を持ち歩くようにして、常に清潔な衣類を身に着けるようにしましょう。

②汗を抑える

ワキガの根本的な原因であるアポクリン腺の汗を抑える方法です。

制汗機能を持ったアイテムは数多く市販されていますが、特に効果が高いと評判を集めているのが“直接塗るタイプ”。毛穴に直接塗り汗の出口を埋めて、臭いを生む細菌の働きを封じます。

また、アポクリン腺からの汗は緊張や不安などの心理的な要因でも促されるので、リラックスした状態を保つことも大切です。

③殺菌する

肌の常在菌にもさまざまな種類があり、ワキガの臭いは常在菌の中でも「ジフテロイド菌」という細菌によるものだということがわかっています。

このジフテロイド菌を殺菌する力があるのが「塩化ベンザルコニウム」。デオドラントスプレーや殺菌シートを選ぶ際は、この成分が配合されているものを使用すると効果的です。

④体の中からケアする

人の体臭は生活習慣によって大きく変わっていきます。ワキガを悪化させないためには、生活習慣を見直すことがとても大切です。

中でも食生活は体の臭いに大きく影響します。

臭いの強い野菜(ニンニク、ニラ、ネギなど)やアルコール、たばこなど、それ自体に臭いがあるもののほか、肉やバターなどの脂肪が多い食べ物は皮脂を増やし、細菌のエサを増やすことになります。

また、まめな水分補給も大事。体内が乾燥すると、臭いの成分が多い“濃い汗”が出るようになります。

⑤病院での治療・手術

病院での治療はワキガ対策としては最終手段といったイメージですが、効果はもっとも確実です。

アポクリン腺除去手術

根治治療として知られているのが、アポクリン腺の除去手術。ワキガの原因であるアポクリン腺を、脇の下を切開し除去することで半永久的に臭わなくします。

数センチの傷跡が残るものの、効果は確実で保険も適用されます。

ボトックス注射

皮膚の下にボツリヌス菌を注射し、アセチルコリンという発汗を促す神経伝達物質を抑える治療も人気です。

効果を持続させるには半年から一年置きに注射を打つ必要がありますが、一回5分ほどでできます。

レーザー治療

マイクロウェーブ治療、またはミラドライとも呼ばれる治療法で、皮膚の上から電磁波をあてて汗腺を破壊する方法です。

切開手術と違って傷跡も残らず、治療当日から日常生活が送れることが魅力です。しかも、効果は半永久的に持続します。しかし、保険適用外なので20~30万の費用がかかります。

まとめ

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗と、それをエサにして増殖する細菌の働き。アポクリン腺の数は遺伝によって生まれつき決まっているので、手術以外でワキガを根治させる方法はありません。

しかし、今回ご紹介したように、ワキガの臭いを抑える方法はたくさんあります。

体臭はとてもデリケートな問題ですが、まずは悲観しすぎずに、できる対策から試してみてはいかがでしょうか。