楽しく夏を過ごすために知っておきたいワキガの原因と対策

a12
これからだんだん暑くなってくるにつれて、汗で悩む方は多いと思います。
特にワキガのお悩みは臭いが気になってしまって、周りの人にも気を遣ってしまうし、ストレスにもつながりますよね。
ワキガの原因と対策をご紹介しますので、しっかりとケアをして楽しい夏を迎えましょう!

そもそもワキガって何?

ワキガとは汗が雑菌と混じり、刺激のある独特な臭いを発している状態です。
ホルモンの分泌が活発になる思春期から増える事が多く、アポクリン汗腺という脇の下にある器官から出る汗が細菌により分解され、臭いが生じるのです。

ワキガになる原因は?

では毎日お風呂に入ったり、清潔にしているつもりなのに何故ワキガの症状が出てしまうのでしょうか。
原因を見てみましょう。

汗をかいたままにしている

汗をかいたまま、放置しておくと雑菌が発生しやすく、汗と混ざり合い臭いを発しやすいです。

食事の偏り

ファーストフードなどの油っこい食事やスナック菓子・肉を食べる機会が多かったりしませんか?
実は欧米化の食事に多いこれらの動物性脂肪は、アポクリン汗腺を刺激してしまい、臭いを発する元になってしまうのです。

また、匂いの強い食べ物や刺激が強い香辛料・添加物が多いインスタント食品・タバコやアルコールなども臭いを強くしてしまう要因です。

体内に毒素が溜まっている

気温が暑くなってくるとシャワーだけでパッとすませる方も多いと思います。
でも、シャワーだけでは皮膚の汚れが落ちる位で、体の中の老廃物までは出す事が出来ません。体の中に毒素が溜まるのも臭いを出しやすい原因の一つです。

便秘も同様で、腸内環境の滞りも大きな要因です。

遺伝

両親のどちらかがワキガ体質だと遺伝する可能性が高いです。
この場合、汗そのものが臭う可能性があります。

ワキガと多汗症の違い

ワキガと多汗症は併発している方も少なくないです。では多汗症とは何なのでしょうか?
それは、季節などに左右されずに緊張した時などに大量の汗をかいてしまう状態です。
体や手足などの部位ごとに汗をかくこともありますが、ワキガのような臭いはありません。
ワキガと多汗症の違いは汗が出る器官の違いです。
ワキガがアポクリン汗腺なのに対し、多汗症はエクリン汗腺という器官から汗が出ます。

5つのワキガ予防

ワキガの予防法はどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは5つの予防法をご紹介します。

1.清潔にする

汗をかいたらそのままにせず、シートなどでしっかりと汗を拭くようにしましょう。
そのまま放置するのではなく、こまめに拭く事で雑菌も繁殖しにくくなります。
また、毛が生えていると毛に雑菌が付きやすく、汗と混ざりやすいため剃毛を行い、清潔にしておくこともオススメです。

特に汗の臭いが気になる方は、殺菌作用がある石鹸やボディソープで患部を洗うようにするといいでしょう。
3分程泡を付けたまま置いておく泡パックも効果的です。

2.制汗剤などを使う

いろいろな種類のデオドラントや制汗剤がありますが、ロールオンタイプの直接肌につけるタイプがオススメです。
スプレータイプより肌にしっかりと付くので、臭いを抑える効果が高いのです。
次に、成分にはどのようなものがあるのでしょう。

ミョウバン

汗を抑えてくれるほかに、臭いを抑えてくれる効果もあります。

殺菌効果があり、臭いも抑えてくれる効果があります。

塩化アルミニウム

汗そのものを抑えてくれる効果があります。
臭いを消す作用はないので他のものと組み合わせましょう。

ここでご紹介した以外にもいろいろな種類があります。自分に合うものと出会えるといいですね。

3.食事の見直し

野菜や発酵食品・穀物などを意識して摂るようにしましょう。
また、食物繊維も便秘の改善につながります。体の中からキレイにする事が臭いの抑制になるのでいいでしょう。
そのため、バランスの良い和食中心の食生活がオススメです。

4.バスタブに浸かる

しっかりお湯に浸かると体の疲れが楽になりますよね。
これは体に溜まった老廃物が出ている状態です。体内の毒素が抜けてデトックスされている状態だと臭いは軽減するのです。

5.質の良いインナーを

毎日服の下に着ているインナーもワキガを抑えてくれるものがあります。
汗を吸い取る効果が高いコットン100%やサラッとしているリネンがオススメです。
直接肌に当たるものですので、質が良いものを選びたいですね。

ワキガにはどんな治療法があるのか

ではワキガを根本から治すにはどうしたらいいのでしょうか?

・手術
臭いの元となるアポクリン汗腺そのものを除去してしまいます。
手術にもいろいろな種類があり、保険適用される手術と保険適用外の手術があります。
ただ、再発する可能性もあるという事などリスクもあります。

・ボトックス注射
手術と違い切ったりしないため、比較的手軽ですが、永久的ではなく半年位の効果なので夏に向けて打つ方も多いです。
アポクリン汗腺の働きを抑制する一時的な対処法になります。

実はワキガは手術以外だとなかなか完治が難しい症状なのです。
病気ではないので、自分が心がけるだけでもかなり臭いは抑制されるものです。
体質を改善しつつ、常に清潔にするなどして、体の中と外からケアする事がワキガを改善させる近道なのです。